Facebook Gmail Twitter Mail

仕事を知る

岡三の仕事

  • 企画部門・人事部門
  • 管理部門・監査部門
  • 引受部門
  • 営業部門
  • 金融法人部門・法人営業部門
  • トレーディング部門
  • 商品部門・投資情報部門

企画部門・人事部門

シゴト内容

「働きがいのある会社ナンバーワンの実現」を目指し、社内の活性化に取り組んでいます。企画部門では経営計画の策定、人事部門では金融プロフェッショナルの育成などを担っています。

シゴトの醍醐味

「会社を変えていくことにダイレクトに携われる」これが企画部門、人事部門の一番の魅力です。自分の考えが会社の方向性を決めることもあるので、責任ややりがいが非常に大きい仕事です。

必要なスキル

会社の理想像を常に考え、計画的に業務を遂行できるスキルが求められます。より良い会社にしたい、意欲的な社員をサポートしたいという気持ちがなければできない仕事です。

管理部門・監査部門

シゴト内容

管理部門は、経営に関する数値や、お客さまからお預かりした資産の総合的な管理を行います。監査部門は法の番人として、コンプライアンスを遵守した営業が行われているかをチェックします。

シゴトの醍醐味

少ないスタッフで取り組む業務も多く、「この仕事は自分なしではできない」という緊張感があります。表に出る華やかな仕事ではありませんが、自分の存在意義を強く感じる仕事です。

必要なスキル

裏方として地道な作業を続けることが多い仕事です。会社を守る重要な砦となるため、常に細心の注意を払い、責任感を持って業務に取り組まなければなりません。

引受部門

シゴト内容

発行市場におけるアンダーライター業務や株式公開(IPO)業務を担当します。企業が資金調達を円滑に行えるよう、さまざまなアドバイスを行い、サポートします。

シゴトの醍醐味

企業への資本政策の提案は多くの金融機関が行います。提案が採用されるまで長い時間を費やすことが大半ですが、数ある提案の中から自分の提案が採用された時の喜びはひとしおです。

必要なスキル

株式公開やファイナンスは、企業の一大イベント。多額の資金を扱う仕事です。そのため、知識の集積や正確な情報を収集・分析するスキルを高めることが必要不可欠です。

営業部門

シゴト内容

主に個人のお客さまを対象とする「リテール営業」と、各地域の法人を中心に展開する「支店法人営業」に分けられます。特にブローカー業務にて重要な役割を果たしています。

シゴトの醍醐味

自分の勧めた金融商品でお客さまが利益を得られた時は、最高に嬉しい瞬間です。お客さまとの間に強い信頼関係を築けることが営業の醍醐味であり、他の仕事にはない充実感を味わえます。

必要なスキル

モノを売るのではなく、自分の技を売り込むのが証券の営業。技を磨いてスキルアップしようとする成長意欲と、お客さまに誠実に対応する姿勢が強く求められます。

金融法人部門・法人営業部門

シゴト内容

金融機関や投資顧問会社などの機関投資家や上場企業などをおもなお客さまとし、さまざまな資金運用ニーズに対応すべく、社内の情報網をフルに活用した総合的なサービスを提供しています。

シゴトの醍醐味

自分の提案が機関投資家に受け入れられると、その結果が市場に、さらには個人投資家にも影響を与えます。取り扱う資金の大きさだけではない、ダイナミズムを感じられる仕事です。

必要なスキル

知識や経験が豊富なプロがお客さまになります。知識を身に付ける事に貧欲でなければなりません。信頼を得るためにも、お客さまとの日々のやりとりの積み重ねが、成功への鍵となります。また、外資系のフロント運用担当者と商談ができる語学力がもとめられます。

トレーディング部門

シゴト内容

機関投資家に対するスピーディーな情報提供、売買の仲介を行っています。「情報の岡三」としての強みを発揮し、環境の変化を先取りした提案をすることで、お客さまからの信頼を獲得しています。

シゴトの醍醐味

競争が激化する証券市場に立ち向かうためには、世界のマーケット動向を分析する高度な能力が必要です。また語学力が求められる業務が多いことも特徴です。

必要なスキル

情報を得る手段が多様にある中で、どれが必要な情報なのか、どの情報を信じるのかを見極めることが重要です。また、株式は一分、一秒で値段が変わってしまうので、買うと決めたら(売ると決めたら)迷わずに注文を出すなど、即決力も求められます。

商品部門・投資情報部門

シゴト内容

商品部門では、新商品の企画立案や開発を手掛けます。投資情報部門では、経済や企業のあらゆる情報を収集・分析し、株価動向などを予測。営業活動の支援、お客さまへの情報提供を行います。

シゴトの醍醐味

自分の開発した商品が営業の現場で活用されたり、自分が配信した情報によってお客さまに利益をもたらすなど、自分がマーケットにかかわっていることを肌で感じることができる仕事です。

必要なスキル

有益な情報は机で仕事をしているだけでは得られません。取材を実施するなど足で稼ぐことが重要。営業以上に体力やコミュニケーション能力が求められることもあります。

ページトップへ