Facebook Gmail Twitter Mail

社員を知る

女性の活躍

周囲の協力のおかげでいくつもの壁を乗り越えてきた私にとってチームは大切な存在。

機関投資家営業部 機関投資家グループ  副主任  佐々木優

独立系証券会社ならではの「商品の自由性」

大学で経済を専攻していたこともあり、就職活動では金融業界を見て回りましたが、なかなか働くイメージが沸かず最初は興味がもてませんでした。しかし、岡三証券で聞いた「独立系で働く魅力」という言葉に心を動かされました。岡三証券はどの系列にも属していない独立系の金融機関なので、世界中に溢れている投資対象から、お客さまが望むものを自由に選択し提案することができます。この会社なら本当に人の役に立つ仕事ができるのではないかと感じ入社を決めました。
私は入社以来、本社の金融法人部門で、銀行や生命保険などの機関投資家からの受注金額の拡大を目指す仕事をしています。具体的には、当社で開催するセミナーや見学会に運用担当者をお招きして情報提供を行い、当社が考える投資戦略をプレゼンします。その内容や注文の執行能力を認めていただき、受注金額の拡大ができたときの喜びはとても大きいです。機関投資家の運用金額は巨大です。私一人では当然太刀打ちできません。だからこそ投資情報部門や商品部門とチームを組み、組織で仕事を進めるのですが、私の所属する機関投資家営業部は、そのチームの取りまとめ役になります。チームとお客さま、それぞれの窓口になり双方の考え方をしっかりと理解していることが強く求められます。当社は業界で「情報の岡三」と言われるほど、高い商品力と独自の視点に立った情報提供力に強みがあります。競合他社に勝つため、岡三証券らしさでお役に立てるよう頑張っています。

機関投資家営業部 機関投資家グループ  副主任  佐々木優

男性女性の区別なく支えてくれるチームの仲間

入社当時を振り返ると、苦戦の連続でした。お客さまは、金融の世界で勝ち残ってきたファンドマネージャーやアナリストですから、そもそも新入社員の私がコミュニケーションをとることはとても難しいのです。上司や先輩社員にも「相手にされないのが当たり前」と励まされましたが、何も知らない私がどうしたらお客さまの役に立てるのかという視点で接していくと、次第にコミュニケーションがとれるようになりました。その結果、お客さまから教えていただく機会が増え、少しずつ手応えを感じ始めました。
ようやく私も一人前と言われるようになってきましたが、それもひとえにお客さまのおかげです。これからはお客さまに情報だけではなく、「恩返し」の気持ちも届けたいと思っています。そして、お客さまの仕事にとって役に立つだけではなく、お客さまの気持ちを幸せにできる情報を届けることが私にとっての目標です。
入社して5年が過ぎましたが、証券営業はやはり厳しい世界です。株式市場は毎日変動するので、一度、他社との競争に勝ったとしても、勝ち続けることは非常に困難です。また新入社員の時と同様に相変わらず相手にされないこともあります。このような数々の障壁を乗り越えるにはチームの存在が不可欠です。私一人の力ではその壁を越えることは無理だと考えてしまいそうな時も、社内のアナリストやストラテジスト、エコノミストやトレーダー、また営業の先輩方から沢山のアドバイスを受けることにより、「よし、頑張ろう!」とまた力を出すことができるのです。仕事において一番大切なことは、「お客さまと向き合うこと、そしてチームや仲間を大切にすること」だと思います。
結婚や出産を経て復職後も着実にキャリアを伸ばしている先輩がいる反面、それを機に退職し家庭に入る先輩もいます。人それぞれ考え方があり、どちらがいいとは言い切れませんが、岡三証券にはどちらもしっかり受け止め対応してくれる環境がそろっていると思います。私自身もいずれ人生の選択を迫られる時がくるかもしれませんが、今は仕事を続けたいと考えています。結婚、出産を経ることにより、また違った視点で仕事ができるかもしれませんし、会社や後輩にとってもいい影響が出ると思うからです。

岡三証券で活躍している女性たち

ページトップへ