Facebook Gmail Twitter Mail

社員を知る

社員紹介

成長性の高い銘柄を発掘しお客さまからの信頼につなげる。

投資戦略部 松村 梨加 (日本株式情報グループ シニアアナリスト) 「変動する世界」をリアルに感じられ>ると思い、証券会社へ。神戸支店にてリテール営業を経験した後、企業調査部を経て、投資戦略部へ。今後は海外の銘柄にもフォーカスしていきたい。

若手社員が活躍できるフィールドがある

やる気さえあれば、チャンスは来る

株価は、経済全体のダイナミックな動きと企業の栄枯盛衰について、無数の投資家が判断した結果の集積です。経済や企業の経営状況を先見することはもちろん、刻々と変化する投資家の心理なども考慮しないとリターンを得ることができない厳しい世界。だからこそ、株式市場で勝負をすることで自分自身の考え方が磨かれると感じ、証券会社を希望しました。
入社後は神戸支店にて個人のお客さまを開拓し、資産運用の提案をするリテール営業に従事。2年目に企業調査部に異動となり、トイレタリー業界のセクターアナリストとして機関投資家に銘柄情報を提供していました。証券アナリストを目指したのは、新入社員研修でアナリストとして活躍している先輩社員の話を聞いたのがきっかけです。すぐに資格取得のための勉強を始め、株価チャートの裏側にあるストーリーを分析したり考えたりすることにのめり込んでいきました。
岡三証券を選んだ理由は大きく二つあります。一つは「温かみのある社風」です。面接時には面接官の方々が一人ひとりを丁寧に見てくれていると実感しました。そしてもう一つの理由が、「チャレンジできる社風」です。企業調査部への異動も自ら希望を出して叶ったものですし、ベテランの機関投資家を相手に、20代の若手社員がセクターアナリストとして活躍できるのは岡三証券ならでは。挑戦することに対する自由さは非常に高いと思います。私はより広い視野で消費動向のトレンドを掴みたいと思い、トイレタリー業界だけではなく、小売りや食品業界も希望して担当させてもらいました。チャンスを待つのではなく、やりたいことに積極的に手を挙げ努力を重ねていけば、活躍できるフィールドがあるのが岡三証券です。

成長余地のある銘柄を発掘する

成長余地のある銘柄を発掘する

現在私は、投資戦略部にて日本株式の調査・分析およびレポート作成を担当しています。営業社員が個人のお客さまに説明する資料として使っていただくために、企業の説明会や取材などから得た情報をレポートにまとめています。
企業調査部と異なるのは、情報提供の対象が機関投資家から個人投資家に変わったことと、セクターという業種のくくりがなく、成長余地のある銘柄を自由に発掘できる業務へシフトしたことです。新規上場した企業やこれまで関連のなかった業種の説明会に参加し、その中から“ピンとくる銘柄”を掘り下げていきます。例えば、業界規模は小さくとも圧倒的なシェアを誇る企業には可能性を感じますし、株価水準が低いうちにご紹介できれば、お客さまに良いパフォーマンスをご提供できるでしょう。新しい注目銘柄の発掘作業は、言い換えるならばネクストブレイクするアーティストを探すイメージに近いかもしれません。無数にある銘柄の中から輝く原石を手探りで発見するのは難しい作業ですが、企業の成長スピードや株価動向が予測したとおりになった時は大きなやりがいを感じます。また、経営陣やIR担当者との対話などを通して企業経営にダイレクトに触れられるのは、他の職種にはないおもしろさでもあります。
近年はさまざまな業種がグローバル化しており、国内の情報だけで分析する時代ではなくなってきています。最近は海外出張の機会にも恵まれ、中国の成都と上海、そしてアメリカへ日系の消費関連企業の取材に行きました。今後はより世界に目を向けたダイナミックな分析や予測を行い、お客さまが長期保有するのに相応しい銘柄をこれまで以上に発掘していきたいです。

松村梨加 一日密着

7:45

さまざまな業界新聞から消費動向のトレンドや新商品をキャッチ。事業説明会の案内など企業から送られてくるメールもくまなくチェック。説明会や取材、レポートの執筆などは時期によって増減するので、月単位でスケジューリングして業務の効率化を図ります。

8:20

新たに取材に行く企業の事業環境や業績を調べ、成長余地を分析。既知の企業ではなく、まだあまり評価されていない企業の成長性を見出す“発掘作業”がこの仕事の楽しみです。株価水準が低いうちにタイミング良く銘柄を紹介できれば、高いパフォーマンスを得やすくなります。

10:00

継続してフォローしている企業の取材に出発。IR部門や事業担当者から足元の状況や今後の戦略など一次情報を聞き出し、事業の成長性や株価分析に活かします。利益を上げ続けている企業の生の声は、企業の将来や業界を把握・予測する上でとても重要です。

17:00

説明会や取材の多い季節は1日に何件も巡ります。株価が動き出しそうだと感じた企業の情報を整理、分析し、業績予想とまとめてレポートを作成。取材した担当者のコメントや話し方などから、開示情報からは見えにくい本音や本質を取り入れた、より付加価値の高い情報提供を目指します。完成したレポートは社内のイントラネットを通じて営業社員へ配信されます。

就活Q&A

岡三証券に向いている人は?
好奇心のある人。お客さまに付加価値の高い情報をお伝えするには、主体的に生きた情報を探し、ベストな資産運用を提案する行動力と感性が必要です。そのため、いろいろなことに関心が高く、自発的に行動できる人が向いています。
岡三証券を一言で表現すると?
「コミュニケーション重視」。手取り足取り教える社風ではありませんが、若手のことをきちんと考え、見守ってくださっている方が多いと感じます。社員間のコミュニケーションを大切にし、皆で協力して支え合う文化があります。

就活アドバイス

就活アドバイス

文化や社風は各社異なるので、OB・OG訪問や支店訪問をしっかり行い、自分の性格と合うかどうかを見極めることが重要だと思います。また、業界や企業を研究する際は投資家的な目線で調べるのも一つの手です。興味のある事業やサービスを展開する企業であれば、入社後はそれらに関われる可能性があり、やりがいを持って取り組めるのではないかと思います。

社員紹介リンク

ページトップへ