Facebook Gmail Twitter Mail

社員を知る

社員紹介

日本経済の屋台骨に関わる責任感と喜びを感じられる仕事。

事業法人部 早田慎太朗 大学で学んだ統計学を生かそうと証券会社へ。約2年半のリテール営業を経て、現在は本社の事業法人部第二グループ部で企業のあらゆるニーズに対応している。多忙ながら、資格取得を目指して毎日3時間前後の勉強を欠かさない。

努力次第で希望部署への配属も

努力次第で希望部署への配属も

大学時代、統計学を学んでいたことから、お金が世の中に与える影響についてもっと知りたいと思い、金融の世界に飛び込みました。さまざまな金融機関を受けましたが、面接のときにしっかりと私の目を見て話してくれたのが岡三証券でした。学歴ではなく中身をじっくり見る姿勢が伝わり、「人の温かさ」を感じることができたので入社を決意しました。
入社後は約2年半、リテール営業に携わり、その後、希望していた現在の事業法人部に配属になりました。当社では、自身の努力や成果が認められれば、希望部署に異動することができる「自己申告制度」という制度があります。私の場合はこれまで取得した資格や、現在取得を目指して勉強していることなどを認めてもらえて、現在の部署への異動がかないました。仕事への意欲が高まるとても有意義な制度だと思います。
事業法人部の業務は、上場企業への資本政策の提案、M&Aに関するアドバイザリー業務、未上場企業への資産運用の案内など、幅広い内容となっています。仕事が多岐にわたるので、財務、会計、コーポレート・ファイナンス(企業金融)といった基礎知識に加え、マクロ経済や、担当企業に関する分野の知識も必要とされます。事業法人部に配属されてからは、とにかく一から勉強しようと本を片っ端から読みあさりました。学ぶことも多く、新たな部署でまだ不安だらけだった時期、ある大手企業の決算説明会でお会いした社長に、「法人ビジネスで大切なのは信頼関係。数字はその先です。どんな相手とも信頼関係を構築していくことを忘れてはいけませんよ」と力強い言葉を掛けていただいたことが今も心の支えになっています。これからもお客さまから学ぶ姿勢を忘れず、業務に励んでいきたいです。
また、我々の仕事は企業の一番繊細な部分に触れるものだということも忘れてはならないと思っています。先輩から「事業法人部の仕事は心臓血管外科医のようなものだ」という例えを聞いたことがありますが、まさにその通りで、やり方次第で、企業の経営状況に大きな影響を与えてしまいます。責任は非常に重く、だからこそ、従業員だけでなく、その家族の方々のことまで考えて仕事に当たることが大切だと感じています。

他の証券会社ができないオンリーワンの提案を

他の証券会社ができないオンリーワンの提案を

新規開拓のため、企業に飛び込み営業を行いますが、担当者とお会いするのは、非常に難しく、窓口で断られるのが当たり前です。私は、難しいからこそ敢えて「1日10枚の名刺をいただくまで社に帰らない」というノルマを自分に課しています。その目標をクリアするため、まずは訪問先の窓口の方の笑顔を引き出せるような会話を心掛けています。そうするうちに担当者と名刺交換できる機会を得て、商談の席に着くことも増えてきました。
商談の機会を得て提案する際には、外資系や他の大手証券と同じようなことをしてもお客さまに響かないので、資料の中に新たな工夫を加え、違った視点からお話するなどしてお客さまにとって「新鮮だ」「興味深い」などと思ってもらえるような「意外性」を大切にしています。そのために、有価証券報告書を読み込むなどして、まずは企業のことをよく知ることを心掛けています。実際、なかなか詳しいお話をお聞きするところまでたどり着けないでいた時、ある企業の有価証券報告書を何度か読み直したところ、不自然な個所を発見しました。それについて連絡すると「直接会って話をしたい」とアポイントを取ることができ、手ごたえを感じることができました。
将来の目標は、日本のすべての企業に「事業法人といえば岡三証券」ということを浸透させることです。そして「金融のことは岡三に任せれば大丈夫」と言われる存在を目指したいです。スポーツを続けてきた体力と若さを生かし、日本での活躍のみならず、世界の舞台でも活躍していけるよう、今のうちに勉強を重ね、得られる知識をすべて習得して海外ビジネスにも通用するような事業法人マンになりたいです。

早田慎太朗 一日密着

7:00

電車通勤の1時間と、会社近くのカフェでの30分を利用して、資格の勉強に取り組んでから7:00に出社します。事業法人部での全体朝礼からスタートし、債券市場、短期金融市場の見通しをメンバーで共有します。毎週月曜日は資本市場部と合同ミーティングを行うので、特にチームで案件を成約に結び付けるという意識が高まります。

9:00

前場スタート。アポイントがある場合はお客さまを訪問し、ファイナンスやM&Aのアプローチをします。また、商談だけでなく、顧客との関係構築のため、仕事以外のことも含め、さまざまな話をします。相手は企業でも話をするのは個人なので、まずは相手の懐に入り込むことを心掛けています。

12:00

ランチはデスクで食べます。この1時間で為替、金利、株価の状況をまとめ、後場の動きや今後の金利動向の見通しを整理します。日銀の金融政策決定会合の結果はお昼に分かることもあるので、この1時間は非常に大事にしています。

15:00

アポイントが入っている場合は客先へ訪問します。アポイントがない場合は、上場企業さま、未上場企業法人の新規開拓のため飛び込み営業をします。19時に退社後は、カフェで1~2時間資格の勉強をしてから社員寮へ。寮で同期生と会話したり、ときには飲みに行ったりすることでリフレッシュしています。

就活Q&A

岡三証券に向いている人は?
「意外性と工夫する力を持つ人」だと思います。外資系証券、大手証券と同じようなやり方で戦っても、おそらく勝てないのではないかと思います。そういった会社に打ち勝つには、「意外性と工夫」が大事な要素になってくると思います。お客さまも忙しい中、時間をつくってくださるので、少しでも「あの事法マンと話せてよかった」と思っていただくためにも、「意外性と工夫」を持った人が有利だと思います。
岡三証券を一言で表現すると?
「強靭」だと思います。90年以上の歴史がある中で、リーマンショックやチャイナショック、イギリスのEU離脱などさまざまなビッグイベントの際も独立系で生き残ってきました。そして、われわれ社員もピンチのときこそ、お客さまのところへ向かうことを心掛けています。どんな大きなイベントも、チーム岡三であれば乗り切れるのではないかと思います。

就活アドバイス

就活アドバイス

企業説明会、面接などでぜひ手を挙げて質問してください。これは自己アピールのためではありません。大勢の中で手を挙げるのはとても勇気がいることで、それに挑戦することは後の社会人生活で大きく役立つと思うからです。私も説明会で質問しました。逆に質問されたことに答えられず、顔から火が出そうなくらい恥ずかしかったのですが、担当の方から「この世界で生き残るには自分の力を付けることが大切。論文を1日5本読んで」とアドバイスをいただき、毎日それを実行しています。手を挙げる勇気を持つことで見えてくる世界は大きく変わってくるはず。一緒に頑張りましょう!

社員紹介リンク

ページトップへ