Facebook Gmail Twitter Mail

環境を知る

岡三の施設

女性が輝きながら働き続ける職場

1

岡三証券では多くの女性管理職が活躍し、ここ2年間で、3名の女性支店長が誕生しました。男女差なく社員一人ひとりの能力に応じた評価体系が整っています。また、産前産後休暇・育児休業を取得し、仕事と家庭を両立する社員や、仕事もプライベートも充実させ、オンとオフのメリハリをしっかり付けた女性社員が多く活躍しています。さまざまなライフスタイルに合わせて、輝きながら長く働ける職場であり続けるために―。2014年には女性活躍プロジェクトを発足し、今後ますます働きやすい環境づくりを推奨していきます。

評価はしっかりと。グローバルに活躍できるステージがある。

1

岡三証券には半年ごとの業績優秀者表彰の他に、一定条件を満たした社員を対象としたインセンティブ制度を定期的に設けています。褒章者はニューヨーク、ドバイ、シンガポールなどの海外研修で現地の取引所や企業を視察。やる気のある社員のモチベーションを高め、働きがいのある会社を目指しています。また海外拠点はNY、上海に次いで2014年4月、新たにロンドン駐在員事務所を開設し、今後もグローバルな活躍の場を広げていきます。

創業100周年に向けて施設を拡充

1

1923年の創業以来長い歴史をもつ岡三証券は、2011年、経営のスピードアップと投資情報配信機能の拡充を目指して、東京日本橋の室町本店に本社機能を集約しました。2013年には世界の全市場を一望できる室町トレーディングルームを設置。商品力・運用力の集積基地として重要な役割を担っています。また創業の地三重県津市には、創業90周年事業の一環として岡三証券グループ津ビルを新設。創業100周年に向けて、ブランド力向上を目指しています。

2013年9月、三重県津市に「岡三証券グループ津ビル」を完成させました。緑化・ユニバーサルデザインに対応し、「人が集える店づくり」をテーマに、1階に三重テレビのサテライトスタジオ、3階に多目的セミナールーム、4階にはデジタルドームシアター「神楽洞夢(かぐらどうむ)」を設置。一般公開を通して地域の皆さまに長く愛される会社を目指しています。

フォトギャラリー

1年に及ぶ新入社員研修

1

フェイス・トゥ・フェイスの営業スタイルを貫く岡三証券は、人材育成を経営の柱と考えています。 新入社員の研修期間は1年間です。研修センターで理論を学ぶ「集合研修」と、配属した支店で行う「実践研修」を1年間繰り返す事により、早期に効率よく証券営業のスペシャリストを育成します。
高い営業実績と部下の育成経験が豊富な営業管理職の中から「営業研修トレーナー」が任命され、年4回開催される「集合研修」を担当します。営業現場から離れて、1年間は新入社員を育て上げることに専念します。また支店の先輩には相談しづらい仕事や職場の悩み事も引き受ける、頼もしい存在でもあります。

また、「実践研修」にも特徴があります。2015年に発足した「エリア コンサルティング グループ」は、おもに地域に縛られる事のない「総合職」に用意されたOJT制度であり、全国主要都市の店舗へ1年間は集中的に配属される育成制度です。
これにより日々同期同士でモチベーションを高め合い、どの地域でも活躍できる営業社員の育成が可能となりました。地域限定職である「エリア総合職」は全国各地の店舗に配属され、地域の特性に合わせた営業スタイルを支店のトレーナーから1対1で学びます。画一的に教育するのではなく、社員のキャリアや地域特性を最大限活かす事の出来るスタイルです。
これが岡三証券の人材育成に対するスタンスです。

人材育成

女性でも輝きながら働き続ける場所

1

岡三証券グループは、国内9社、海外1社のグループ会社により構成され、証券ビジネスを中心にお客さまのニーズにあった金融商品、サービス、ソリューションを提供しています。グループとしての強みを活かし、豊かな社会の実現とその持続的な発展のため、社会的な課題の解決に向けた社会貢献活動を展開。環境問題への取り組みや地域応援のための寄付活動、「世界の子どもにワクチンを日本委員会」の活動支援など積極的に実施しています。

社会貢献

ページトップへ