Facebook Gmail Twitter Mail

中途採用

中途採用社員の声

社会の流れを掴み、経済の最先端で働ける証券業界へ復職

札幌支店・投資相談課 中江奈緒

中江奈緒

入社のきっかけ

新卒で他の証券会社に入社し3年半リテール営業を経験しました。その後百貨店で販売の仕事を約1年経験した頃、もう一度証券の世界で活躍したいと思うようになり岡三証券に応募したことがきっかけです。証券会社は社会の流れをつかみ、経済の最先端で仕事ができるので、厳しいですがその分やりがいがあります。離れてみて改めてその魅力を確認し、もう一度チャレンジしようという気持ちで岡三証券を受けました。また面接の際には熱心に私の話を聞いてくださり、働きやすい社風を感じたので入社を決めました。

入社してみて

エリア総合職として入社し、リテール営業を中心に業務を行っています。前の証券会社を退職してから約1年半のブランクがあったので、入社当初は以前の経験をうまく活かすことができるのか、また業務の進め方の違いなどにも対応できるのかがとても不安でした。しかし、先輩や同僚から丁寧に教えていただき、すぐに感覚は戻ったと思います。支店の雰囲気もとても良く、若手も活気に満ちています。一緒に旅行に行く間柄になった同僚もいて本当に転職してよかったと思っています。

仕事のやりがい

お客さまから自分自身を認められることにより、商品を買ってもらうことができる。このプロセスを沢山実現できる人が、会社から与えられた目標を達成することができる。その結果、会社からも認められ表彰される。前の証券会社ではそのようなインセンティブはなかったので会社から賞をいただいた時は、最初は本当に驚きましたが、そのことにより達成感があり今ではやりがいにつながっていると思います。
また、岡三証券では、社員が目先の数字よりも、お客さまの将来のことを真剣に考えて資産形成のアドバイスをしていると感じるのでそのことにも、とてもやりがいを感じています。

業務環境

前の証券会社では会社や支店全体で営業の方向性やお客さまに提案する銘柄を定めていたので、営業社員自身が銘柄の研究をすることが少なかったと思います。岡三証券ではお客さまに提案する銘柄を自分で考えて選定し、自由にまた自発的に動かなければならないので、以前より自分で考えて行動ができるようになったと思います。だからこそ、お客さまの利益を最優先に考えられるようになりました。

中江奈緒

いまの課題

課題は沢山ありますが、預かり資産をさらに増加させることが最大の課題だと思います。そのために商品知識や経済知識、また運用ノウハウなど、証券パーソンとしてさまざまなスキルを磨かなければならないと感じています。新聞以外にも業界レポートや経済紙を熟読しマーケットに対する感受性を高める。お客さまに自分の言葉で経済を語れる様になれば、さらに信頼を得ることができ販売単位の拡大にもつながると思います。まだまだ知識不足、勉強不足だなと痛感しています。

目先の数字よりも、お客さまの資産形成や将来のことを大切に、まじめに考える

将来像

あらゆる意味で大きい仕事をしたいですね。今は証券知識や営業スキルなどでお客さまに接していますが、女性ならではの視点をもっと活かして、お客さまとの信頼関係を築いていけたらと思っています。

転職者へのアドバイス
証券業界で働くことは、他の業界に比べてつらく厳しいことも沢山あると思いますが、だからこそやりがいや喜びも大きい仕事だと私は思います。明るく前向きな人、打たれ強い人が活躍できると思います。少しでも経済に興味があり、自分の成長のために「本気で取り組みたい」と思っている人は、尻込みせずにぜひチャレンジしてほしいです。

転職者へのアドバイス

ページトップへ