Facebook Gmail Twitter Mail

岡三を知る

What's 岡三

経営理念は「すべてはお客さまのために」。お客さまのニーズと市場の変化を捉え、リテール分野で高い評価

経営理念は「すべてはお客さまのために」。お客さまの希望と市場の変化を捉え、リテール分野で一歩リード

証券市場を通じて、資金調達と資産運用にかかわるさまざまな仕事に携わっているのが「証券会社」です。お客さまは、一般の個人から民間企業や財団といった法人まで、実に多彩。その中でも、今もっとも注目されているのが「リテール」です。リテールとは小口取引のことで、一般的に個人のお客さまを対象としたビジネスを意味しています。そして、岡三証券はこのリテールビジネスにおいて、お客さまから多大な信頼と評価を獲得しています。
岡三証券は、刻一刻と変化する証券市場から、さまざまに異なるお客さまのニーズに対し、最適な金融商品を選択しご提案しています。それはまさに、変化をチャンスに変える仕事だともいえます。特に昨今では、資産運用や投資に関するニーズも多岐に渡るため、お客さまにとっての良きパートナーとして寄り添い、最適な資産運用プランをご提案していくことが重要になってきています。岡三証券では、このようにお客さまと向き合う営業スタイルにこそ、証券営業のやりがいが凝縮されていると考えています。

風通しの良い社風、一人ひとりが能力を発揮できるヒミツは岡三証券が独立系だから

風通しの良い社風、一人ひとりが能力を発揮できるヒミツは岡三証券が独立系だから

岡三証券の創業は大正12年。90年以上の歴史と伝統を持ちながら、特定の金融グループに属さない「独立系」の証券会社です。この「独立系」の最大の特長は、経営の自由度が確保されているということ。
例えば、メガバンクの誕生によって、その系列の証券会社の再編は余儀なくされました。再編によるメリットはありますが、その一方で、これまでと経営方針が変わったり、制約が生じることもあります。しかし、当社のように証券会社が経営の主導権を持つ「独立系」ならば、より柔軟で、そして自由な証券ビジネスを展開できるのです。
また、経営の柔軟性だけでなく、岡三証券には社員一人ひとりが個性・能力を発揮できる環境が備えられています。これは、経営層が証券の実務を経験してきており、現場との距離が近いため、風通しの良い社風が保てているということが大きな理由です。

お客さまにとっても、社員にとっても教育は何よりも大事だから岡三証券の教育は、徹底的

お客さまにとっても、社員にとっても教育は何よりも大事だから岡三証券の教育は、徹底的

岡三証券は創業以来、フェイス・トゥ・フェイスのコンサルティング営業に力を注いできました。これこそが当社の強みであり、バリューともいえます。
金融商品は近年、多様化、高度化、そして複雑化しています。そのため、当社が長年にわたって培ってきた知識や経験、ノウハウに、お客さまから大きな期待が寄せられています。その期待に応えていくために、岡三証券では充実した人材育成・研修制度を用意し、「深い専門知識と豊かな人間性を兼ね備えた人材」の育成に努めています。
例えば、新入社員に1年間の研修期間を設定し、さらにその後はキャリアアップの実現を支援していくための「キャリア別研修」や「能力開発研修」といった多彩なプログラムを用意。特に新入社員の「1年間の研修期間」は、配属先での営業研修を中心に据えながら、数回にわたる集合研修も実施することにより、実践スキルと知識理論を兼ね備えた人材へと、着実に歩んでいくことができるカリキュラムになっています。
このような人材育成制度により各人が証券プロフェッショナルへと成長を果たし、お客さまからの信頼を獲得しています。

ページトップへ