Facebook Gmail Twitter Mail

岡三を知る

岡三の社会貢献

豊かな社会の実現とその持続性的な発展のため、社会的な課題の解決に向けた社会貢献活動を展開

世界最新鋭の「岡三デジタルドームシアター 神楽洞夢(かぐらどうむ)」の設置

三重県津市にある「岡三デジタルドームシアター 神楽洞夢(かぐらどうむ)」は、創業90周年記念事業の一環として2013年10月に完成したプラネタリウムで、世界最高峰の解像度を誇ります。一般上映も行っていますが、主には津市内の小学生向けに、学習指導要領に基づく学習プログラムの上映に活用されています。臨場感あふれる映像空間で宇宙を体験することが、子どもたちの科学への関心を高めることにつながると考え、科学教育推進の一助となるよう取り組んでいます。

世界最新鋭のデジタルドームシアター「神楽洞夢」

岡三デジタルドームシアター 神楽洞夢

「世界の子どもにワクチンを日本委員会」の活動にスポンサーとして支援

認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」の活動に賛同し、スポンサーとして同団体の活動を支援しています。
主な活動としては、予防可能な感染症で命をおとす子どもたちが数多くいる発展途上国(ミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツなど)に、ポリオ(小児マヒ)ワクチンなどを供給しています。さらに、地球規模の視野をもったボランティア活動の推進にも力を入れており、大規模災害時などには被災した子どもたちへの支援活動も行っています。

GAVI/Oliver Asselin
世界の子供にワクチン

地域応援ファンドを通じた寄付活動

地域応援ファンド(三重県応援ファンド、三重県応援・債券ファンド、福井県応援ファンド、香川県応援ファンド、山口県応援ファンド)などを設定・運用する岡三アセットマネジメント株式会社は、同ファンドの信託報酬の一部を、社会福祉などのために寄付しています。
たとえば、「三重県応援・債券ファンド」では、創業の地である三重県の次世代育成などのために、保育所へ絵本を寄付しています。これまでの寄付総額は9,278万円となりました。
また、「三重県応援ファンド」では、三重県の社会福祉向上のために、児童福祉施設へ福祉車両を寄付するなどの活動も行っています。

地域応援ファンドを通じて社会福祉に寄付

三重県応援ファンド

環境問題への取り組み

地球環境保全のため、環境配慮型製品(古紙再生紙、植物性大豆油インキなど)を採用しています。
主に、株主総会招集通知や株主通信などの株主宛て書類、また岡三証券で作成している「広報誌Adesso」や各種パンフレット類の一部も環境配慮型製品を使用しています。

広報誌Adesso

広報誌Adesso

「全日本ジュニア体操クラブ連盟」をスポンサーとしてサポート

岡三証券をはじめとした当社グループは、スポーツを通じて青少年の健全育成を図る社団法人「全日本ジュニア体操クラブ連盟」の活動に協賛し、賛助金の拠出などを通じて、同団体の活動を支援しています。
同クラブ連盟は、1975年に前身である全日本ジュニア体操クラブ協議会が設立して以来、ジュニア体操競技大会を開催するほか、ジュニア体操クラブの指導者、選手の育成、ジュニア体操クラブの普及活動、国際交流、国際大会への参加などを行っています。

2007国際ジュニア体操競技大会

2007国際ジュニア体操競技大会

開会式風景

開会式風景

ページトップへ